MENU

買取や乗り換えにピッタリのタイミングって? 

近年、テレビのニュースなどで自動車税の増税に関する情報が伝えられるようになっています。
日本人の車のオーナーにとっては自動車税の負担はとても大きいものではあるものの、定期的に新車を買い替えることによって、負担をできるだけ抑えようとする人もいます。
最近では自動車税の負担の少ないコンパクトカーなどに乗り換える人が目立っており、中古車買取業者などに査定を希望する人が増加しています。
インターネット上には一括査定サイトと呼ばれる優れものが登場しているために、仕事や家事などで忙しい生活を送っている人にとっては売却のために良いタイミングが訪れています。
しばらくは日本国内で車の買い替えの動きが盛んになるとみられています。

 

車の乗り換えで買取の一括査定を利用する場合 

車の乗り換えを検討している人にとって、少しでも資金を工面するために買取業者に頼ることはそれほど珍しいことではなくなってきています。
買取業者の集まっているサイトはインターネット上にいくつも開設されており、一括査定をしてもらうことによって、短時間で複数の業者の査定額を比較することができます。
現在では顧客獲得競争の中でいかにして顧客を積極的に呼び込むかということに対して力を入れている業者が目立っています
。中古車は新車の時よりも値段が下がってしまうものですが、適正価格の査定を行ってくれる業者を見極める能力が必要とされています。
日本国内では今後もさらに乗り換えを希望する人の数が増加してゆくことが確実視されています。

 

新古車にはどんなメリットがあるの?

新古車のメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか。
新古車と呼ばれるものは、走行距離が5kmから100kmなど、極めて走行距離の少ない車のことです。

 

新古車とはいっても、一度登録しているので中古車ではあるのですが、使用感は極めて少なく、新車といっても過言ではないくらいです。
新古車のメリットというのは車体本体価格は新車と比べると大幅に安いのですが、それでいて税金は支払い済みなので自動車重量税は必要ありません。
自動車取得税も減価償却分はカットされるので初期費用をさらに抑えることができるんですよ。

 

税金がかからなければ、諸費用も新車を購入する時に比べるとかなり安く抑えることができます。
さらに車検も残っていて登録直後なのであれば、車検費用もしばらくは支払わずに済みます。

 

また、新車の保証を継承できますので、納車までの時間も短く、少しでも早く車に乗りたい人にもピッタリです。
そしてなにより車両本体価格が安くなりますので、初期費用を大幅に減らすことができます。

 

ただし、新古車はグレード、カラーといったものはもちろん、メーカーのオプションなどを自由に選ぶことができません。
軽自動車であれば流通量も多いので、好みの車を選べやすいのですが、それでも新車よりは少なくなります。

このページの先頭へ