MENU

ローンが残っている車でも買取で売る事が出来るの?

下取りの場合は車のローン、いわゆる残債が残っていてもそれを精算して新車購入ができました。
ですから残債がある場合はディーラー下取りのほうが有利とされているのです。
それでは中古車買取専門業者ではどうでしょうか。
一般的にディーラーの下取りよりは買取専門業者の買取のほうが査定額が高いとされているので車の残債が残っている場合に買取業者のほうで買取してもらったほうが有利なのでは、と思う人もいることでしょう。
それでは買取業者のほうで残債があっても買取をしてもらえるのでしょうか。
ディーラー下取りの場合は査定をしてもなお残債が残っていても次の車の購入の際のローンに組み込むことができました。それができるからこどディーラーでは残債があっても下取りをしてくれるのです。
それではそういったことのない買取業者では残債があっても買取をしてくれるのかどうか気になるところです。
同じように見えてディーラー下取りと買取業者による買取はそのシステム自体が全く違います。
特に残債がある場合の査定については下取りと買取ではかなり難易度が違ってくるのです。
もちろん買取のほうが難易度が高いです。
もっとも手順良くやっていけばそれほど手間には感じませんし、買取業者のほうでうまくやってくれるのでそれほど心配はいりません。
それでは買取業者に車を売却するプロセスを見ていきましょう。
まずは確認事項からです。
現在乗っている車の所有者の確認をしなくてはいけません。
これは現金で車を購入したのであれば所有者は本人になるのですが、ローンでの購入であればローン会社が所有者になっていることが多いのです。そして使用者は当然本人ということになります。
ですから、この場合では所有者の名義変更をしなければ車の売却をすることはできないのです。

さらに所有者が本人であった場合もローンの残債があれば当然その残高をローン会社に確認しなくてはいけません。
以上のことから所有者の名義変更をしなくてはいけません。それにはローンを精算することが条件となり、そうして所有者解除の手続きとなるのです。
大変そうに見えますがこのあたりは買取業者が全て代行してくれます。
自分自身で行えば大変な手続きになるのですがこのあたりは数多くこなしている買取業者ですからお手の物なのです。
もちろんこれらの手続きには本人が用意しなくてはいけないものがあります。
まずは、自動車車検証、さらには印鑑登録証明書、これは発行から3ヶ月以内のものを用意しなければいけません。
そして委任状、これは買取業者より受け取ります。他には自動車納税証明書と実印になります。
必要な書類については以上になります。
それでは肝心のお金の話しをしましょう。
買取業者による買取査定額によってその後の対応が変わってきます。
買取査定額が車のローンの残債を超える場合です。
この場合は残債を問題なく精算できますから、即刻所有権の解除手続きが行えます。
さらに車のローンの残債を上回る査定金額分は買取業者より現金で本人にに支払われるのです。
これが一番理想的なパターンでしょう。
一方で買取査定額が車のローンの残債に足りない場合はどうでしょうか。
こうなると少々面倒なのですが、足りない分は支払うしかありません。

そのまま現金で支払うか、あるいはその足りない金額でローンを組むかのどちらかの選択になります。
残りの金額が一括で払えそうであればそうしたほうがいいのですが、もちろんローンを組んでも所有権の解除はできます。

このページの先頭へ