MENU

中古車査定における利用者と販売店の違い

中古車査定というのは、車を売却する人にとっては、1円でも高く買い取ってもらいたいと思うものです。
しかし、買取店にとってはできるだけ安く買い取りたいと思うものです。
買い取り価格というのは買取業者の売上に直接関係するからです。

 

中古車の買取価格というのは、車の新車価格だけではなく需要、供給によって決定されています。
需要があればそれだけ高く売却できるので、期待以上の価格で買い取ってくれるということもあります。

 

しかし、需要のない車というのは、どれだけ新車価格が高いとしても、買取価格が思っているより高くならないこともあります。
また、需要が多いとしても、それ以上に供給が多ければ供給過剰になってしまいますので中古車査定はそこまで高額にはなりません。

 

こういったことからも、需要があって供給の少ない車というのは高値になる可能性が高くなります。
売却しようと考えている車の買取価格の相場がわかっているのであれば、その相場よりも著しく安くなる、ということはほぼないでしょう。

 

もしも相場を知りたいのであれば、中古車市場においてはどのくらいで売られているのか、ということを確認しておきましょう。
その価格よりも20万円前後安くしたものが買取価格になると考えて良いでしょう。

 

この売値を高いと感じる方もいますし、安いと感じる方もいると思いますが、これは20万円前後安くなった分が買取店のマージンとなるわけではありません。
その車を売却するためには、色々な諸経費が出てきます。

 

さらに自分の車の大体の査定額を知りたいのであれば、一括査定サイトを利用してみましょう。
そうすれば簡単に査定を受けることができます。
車種、走行距離など必要最低限の情報を入力して、送信するだけなのでとても簡単です。

 

基本的に、期待をしていた金額よりも安くなることもあれば、期待している以上の買取価格になる、ということもあるのです。

このページの先頭へ