MENU

車の買取一括査定での減点ポイントをチェック

車買取をしてもらう時には誰しもが高く買取をしてもらいたいと思うものですが、そのためにはどのような場所で減額をされてしまうかというポイントを抑えておく必要があります。
それでは車買取の一括査定時にどのような場所で減点をされてしまうのか紹介をします。

 

まず、多くの人が考える減点のポイントに車の傷が考えられますが、これは大きなへこみや引っかき傷で無い限り、それほど減点されるようなポイントではありません。
つまり車に乗っていれば自然についてしまうような、細かな擦り傷程度では査定に大きな影響を与えないのです。

 

次に意外に思われる部分が車内の匂いに関する部分です。
特に喫煙車などでタバコの臭いが染み付いていたり、ペットを飼っていてそのにおいや汚れが車内にあると減額の対象となってしまうので注意をしましょう。

 

装備やオプションは純正品を捨てない方が良い

車に長いこと乗っていると、装備やオプションを変更することもあります。
その際に古くなったものを、もう不要だからと捨ててしまうのは少し待ってください。
将来、車を自動車買取にだす予定があるのであれば、そのような品があるかないかで買取額が大きく変わってきてしまうこともあるのです。
特に純正品はその車に一番相性の良いパーツだけに代わりが出来たからといって、捨てずにとっておくと後々車買取をだす時に有利になることが多いのです。

 

車買取にだす際にはまず一括査定を受けおおよその車の価値を知ってから、それから店選びをすると良いでしょう。
そしてその際に装備の変更があった時にも、純正品を残してあることを伝えるだけで買取金額がアップすることがあります。

このページの先頭へ