MENU

車の下取りと買取は全く違います。

車を買い替える人にとって買い取りと下取りは必ずと言っていいほど、通る道かもしれません。

 

それらがどういう違いなのかって、けっこうわからないものです。

 

その違いについて紹介していきます。

 

まず、買い取りとは簡単に言うと、車買い取り業者へ車を売ることを言います。
そして、下取りとは、車を購入する時に、ディーラーへ車を買ってもらうことを言います。
ディーラーとは、トヨタやホンダなど、車を生産しているメーカーそのもののことです。各々について触れていきます。

 

 

買い取りの場合、買い取り業者へ出向き、見積もりをしてもらいます。その金額が妥当だと判断すれば、売却をすればいいのですが、このとき現金を受け取ります。
下取りの場合は見積もりまでは同じですが、売却をする場合でも現金を受け取るということはなく、新車を購入する費用の一部に充当されるのです。

 

たとえば、両方の方法で業者やディーラーに売却したい車を見積もりをしてもらったら50万円だと言われ売却したとすると、買い取り業者の場合は50万円を現金で受け取れ、それを新車を購入する費用の一部にすることができます。
一方、下取りの場合、新車が200万円だとすると、差額の150万円を現金で支払えば新車を購入できるのです。

 

どちらが得なのか、というのは一概には言えません。

 

その車が比較的新しい車なのか、お気に入りのディーラーで買いたいのか、社外パーツがあるのか、など様々な条件により変わってくるので、どちらともに見積もりをとることが重要だと言えます。

下取りと買取の違いとメリット・デメリット

自動車の買取と下取りの違いは、一言で言って、「新車を買い換えるディーラーで今乗っている車を買い取ってもらうのが下取り」「買い替えのディーラとは関係なく、買取業者で買ってもらうのが買取」です。
どちらも、今乗っている自動車を売るという意味では同じですが、買う業者が違うことによってメリットとデメリットが発生します。

 

下取りのメリットは、買取の見積もりを新車を買いに行った時に一緒にディーラーがやってくれるので面倒がない、ということです。
これに対してデメリットは、高い金額で買い取ってもらえることが少ない、ということです。もちろん新車を値引く代わりに、下取り価格にプラスの金額を付けてくれることはありますが、これは値引きの変形なので、最終的に売る側のメリットとしては少ないというのが実際のところです。

 

これに対して買取のメリットは、下取りで出すよりも高い金額で買い取ってもらえることが多い、ということです。
これは、ディーラーでは評価してくれない特別装備などを上乗せ価格として評価してくれたり、転売の際の実勢価格を反映してくれるから、というのが理由です。
中にはディーラーでは下取り価格がつかない(ただ廃車にするだけ)だった車が、買取に出したら10万円が付いた、という例もあるくらいです。

 

デメリットは、実際に買取会社とコンタクトをとって、見積もりしてもらい、価格交渉をする、という流れを自分でしなければならないので面倒くさい、という点です。
以上のメリットとデメリットを比較して、下取りにするか買取にするか考えましょう。

このページの先頭へ