MENU

車が高く売れるシーズン?

ディーラー下取りよりも車買取査定のほうが車を高く売れる理由は、市場価格を反映した査定額を提示してもらえるからです。

 

年に1回改定されるだけの価格表を基準にする下取りと違い、車買取査定ではリアルタイムの需要が査定額に影響を与えます。

 

需要の高い時期に車を査定にかけることでより高く車を売ることができるのです。

 

中古車の需要が1年でもっとも高まるのは新生活が始まる4月です。
車買取専門店が車を仕入れてから店頭に並べるまでの時間が3週間から1ヶ月ですから、2月から3月にかけての時期がもっとも中古車が高く売れる時期となるのです。

 

 

この時期には各社とも買い取りを強化し、ノルマを設定して買取を行うようになります。査定から契約までが非常に早くなるのもこの時期の特徴でしょう。
この時期の車買取専門店はとにかく必要な台数を集めるのに必死なので、査定が多少甘くなるという傾向があります。各社ともにノルマ達成を目指して争っているので、業者間の競争も激しくできるだけ早く契約したいと考えているのです。こうした状況をうまく利用すれば、車についた多少の傷などは問題にされないこともあります。
ただし、業者の熱心なセールストークに乗せられて見積もりを比較する前に契約してしまわないように注意しましょう。この時期に査定額が高くなるといっても、それは合い見積もりをとることが前提であることに変わりはないのです。

 

 

売る時は必ず一括査定

日ごろ様々な用途に使用している愛車も、長い年月の間に様々な部分が劣化し、乗り換えを余儀なくされることがあります。
こうした時、車を購入するディーラーや中古車店に今乗っている車を下取りに出すことが可能ですが、あまりに古い車や、故障個所がある車は査定がつかないことも少なくありません。
こうした時は、車買取専門店を利用すると、ディーラーなどの下取り相場とは違った相場で買取を行っているため、下取りを拒否された車でも売れる可能性があります。
しかし、どの業者にお願いすれば一番高く買い取ってもらえるかは、数多くの業者がある中では中々判断がつきにくいものです。
そんな時は車買取の一括査定サービスを利用すれば、複数の業者からの査定額を同時に比較することができるため、より高く買い取ってくれる業者を簡単に探すことが可能となります。
また、不動車や故障車であっても買取の対象となることがあるため、廃車するしかないとあきらめる前に、査定を依頼することをお勧めします。

このページの先頭へ